保険契約を異動する場合の注意点について

保険契約の異動の手続きとは保険に変更事項が生じた時に保険会社に届け出て手続きすることです。例えば住所が変わった、などもしっかり手続きを行ないます。住所変更をきっちりしないと保険会社からの大切なお知らせが届かなくなりますし、生命保険などでは年末調整の証書が届かなくなります。異動の手続きを行ないますと承認証書が保険会社から届きます。証券自体が差し替えにはならないので証券と合わせて保管しておくようにします。
契約している方の多い自動車の任意保険は、車の買い替えを行ったさいは忘れずに車両入れ替えの手続きを行ないましょう。車の保険は車自体にかける保険ですから、車両入れ替えを行わないと意味が無いので注意が必要です。車種により追徴や返戻金が生じる事もあります。年齢制限についてもお子さんが運転するようになった時など注意が必要です。
火災保険は建物の構造、面積などが増築により一部でも変化したさいも手続きが必要です。この際は追徴金が生じる場合もあります。
そもそも、契約を結ぶさいに、約款にも契約の内容に変更が生じた場合は保険会社に速やかに届け出をするように定められています。どんな種類の保険でも、変更が生じたら契約した担当代理店や、保険会社に届け出をするようにしましょう。

Comments are closed.