保険料と補償範囲とは

任意自動車保険の補償範囲は広いほど保険料は高くなります。ですからご自身に必要な補償の範囲と予算を検討する必要があります。大きな物ですと車本体の補償を付けるかどうか検討します。対人、対物など社会的に大きな損害を与えてしまう可能性のある事故の補償は保険金無制限などで加入する方が殆どですが、車の補償は自分だけの問題ですから付けない選択肢もあります。付けた場合も車対車だけの事故の補償にするのか、自損事故まで含めるのか検討します。また新車のうちは新車特約などの名目の補償を付ける事により損害額が50パーセントを超えると車を新車で買った場合に相当する保険金が出ます。新車に保険を掛ける場合はこちらも検討すると良いでしょう。
そして、予算内に収めるさいには運転者を限定して保険の範囲を狭める選択肢もあります。車を他人に貸したり運転してもらう可能性が無い方は検討してみて下さい。家族限定、夫婦限定、本人限定などがあり、補償の範囲が少ない程、お代は安くなります。
また、通勤通学、業務などに車を使用しない方は日常レジャー使いに車の使用を限定する契約方式でお代が安くなる場合があります。通勤通学には家族の送り迎えも含まれますから、頻度な規定を代理店や保険会社で確認しましょう。

Comments are closed.