仮渡金と内払金の違いとは

自賠責保険には本請求のほかに、賠償額が確定する前に保険金の一部が支払われることがあり、これを仮渡・内払と呼ばれます。
これらは、加害者が過失を認めず保険金の支払いをしてくれなかったり、示談が長引いた場合に備えるために設けられています。
仮渡金は、賠償金の支払いを受け取る前に当面の治療費や生活費用が必要な場合に請求するものです。被害者のみ請求可能で、請求できるのは1回に限られます。
交通事故により亡くなった場合は290万円が、傷害の場合は怪我の程度により40万円・20万円・5万円と3つに区分されます。支払額は保険会社が決定し、請求後1週間程度で支払われます。
内払金は、被害者の怪我の治療が長引いたりなど賠償額が確定していないときに請求することができます。ただし、死亡や後遺障害に関しては扱っていないです。
加害者も請求可能で、損害額が10万円単位で請求でき、120万円以内であれば複数回請求可能です。初回請求時は複数の必要書類を提出しなければならないものの、2回目以降は医師の診断書・休業損害証明書だけで十分です。
被害者請求であれば加害者に、加害者請求であれば被害者に受取額や立替金の有無が照会され、支払いが行われます。

Comments are closed.