交通事故のケガに健康保険は適用可能?

交通事故に遭いケガをして通院や入院が必要となったとき、公的医療保険を使うことができます。
役所は、自動車による保険事故も一般の事故と同様に健康保険が使用できるという通達を過去に出しています。
本人に非はなく、他の誰かに原因がある場合には公的医療保険を使用して治療を受けることが可能です。その際、第三者が支払うべき治療費を(怪我をした)本人が加入している保険制度が一旦立て替え、後で第三者に請求することになります。
公的医療保険を使用してケガの治療を受けるには、加入している保険制度に連絡をし、「第三者行為による傷病届」を提出します。提出の際、警察発行の交通事故証明書、念書などを必要書類として添付をします。
自分の側にも非がある場合でも、自由診療で治療を受けると治療費を自己負担しなければならないため、公的医療保険で治療を受けるのがよいです。
万一、医療機関で公的医療保険を使用することを断られたときは、事情を詳しく説明をした上で保険診療の適用をお願いします。それでも医療機関の態度が変わらない場合には、自分が加入している保険制度に申し出たり、違う医療機関で診てもらうようようにします。
自動車による事故は、業務中や通勤途中の事故の場合以外は公的医療保険を利用するのがよいです。

Comments are closed.