名義変更の手続きと流れについて

名義変更をする時に車を売る人が準備、用意する必要書類があります。その主な物としては、車検証・自賠責保険証明書・委任状・自動車納税証明書・譲渡証明書・自動車リサイクル券・印鑑証明書に実印が必要になります。今は譲渡証明書や委任状は国土交通省等のホームページからダウンロード出来るようになっています。次に車を買われる方にも準備、用意していただく書類や物があります。主な物は印鑑証明書・車庫証明・申請書・手数料納付書・実印と認印・自動車取得税申請書があります。これらの書類や物をお互い用意する必要があります。申請書や手数料の納付書、自動車取得税申告書は陸運局内で入手します。個人間での売買で注意を必要とする事があります。車検証の所有者の欄をみて、売買する自動車が売る側の人の名義になっているか必ず確認します。これらの必要書類が揃いましたら、書類整備確認窓口にて、各書類の確認後、申請書に記入を行います。地方税申告窓口にて、自動車取得税の申告を行います。申請書受付窓口にて、各書類を提出して車検証の交付を受けます。以上で手続きが完了になります、交付された新しい車検証の記載内容を必ず確認します。最後にナンバープレートを外します、ナンバーは簡単に外すことができます。

Comments are closed.