修理代が車両残存価格を超えた場合の賠償額について

自動車の交通事故等により、車両が大破した場合や車両の年式が古く、時価が低い場合等は、修理代が車両残存価格よりも高くなってしまうケースがあります。基本手的には、賠償範囲というものがありますので、法律上決められた賠償額までしか賠償されません。尚、自賠責保険に加入しているのみでは、物損事故の請求は保険会社にできません。自賠責保険というのは、お怪我、つまり人身損害のみの保険となりますので、お車の損害に対する請求はできないことになっています。
そして、具体的なケースですが、たとえば事故に相手方があるケースでは、過失割合にもよりますが、相手の加入している任意保険にも請求することができます。その任意保険ですが、特約で車両残存価格より多く請求できるものを付帯している場合は、請求することが可能です。
また、自分の任意保険で車両保険をつけている場合、車両全損時特約をつけている場合や修理特約等をつけている場合、一定の条件をクリアすれば、修理代を保険会社へ請求できるケースもあります。
このように、自賠責保険だけでなく、任意保険にもきっちり加入することが重要です。また、任意保険の特約も保険料との兼ね合いを考えながら、自分自身で選んで選択することが大切です。

Comments are closed.