自賠責保険の使い方

自賠責保険とは強制の保険で絶対に加入しなければならない条件になっています。車を所有している人であれば必ず加入していないといけません。この保険に加入していないと車検が受けることが出来ませんので一般道を走行することが出来ません。もしこの保険が切れていたら罰則もあります。一年以下の懲役または50万円以下の罰金と罪が課されることになります。また、保険の証明書も必ず車に車検証と一緒に保管しておくことが大切です。この証明書がないだけでも30万円以下の罰則が科されることになります。使い方で注意が必要になるのが、この保険は全部が全部補償されるもではありません。補償の範囲が決まっております。まず補償を受けることが出来ない人ですが運転手です。どんなに大きな怪我をしても補償は受ける事が出来ません、また運行共用者(車の名義人)も同じです。それとは反対に補償を受けることの出来る人は同乗していた人、血縁関係のある人でも補償されます。もちろん他人でも補償を受けることが可能になります。例えば他人の名義で家族全員が車に乗っていて事故を起こしてしまった場合、名義人以外の同乗者に対してはしっかりと補償を受けることができるようになっています。

Comments are closed.