示談交渉サービスとは

自動車保険には、約款によりある一定の件を満たせば、加害者に代わって被害者との示談交渉を行う示談交渉サービスがついています。このサービスは全ての保険についているため、保険料には、影響ありません。一定の条件とは、保険金額が、相手への 賠償額よりも少なくないこと、対人賠償の場合は、自賠責保険が付保されていること、相手が保険会社との示談に同意すること、保険契約者が理由なく保険会社への協力を拒まないことがあります。最初の二つの理由は、保険会社は、人の財布の示談交渉が出来ないためです。保険金額が少なかったり、自賠責保険が付保されていない場合は、保険で出ない部分は、加害者が自腹を切る必要があり、保険会社は、その部分の交渉を責任を持って出来ないためです。相手が保険会社との示談交渉を拒否した場合は、保険会社は相手に強制は出来ません。このような場合は
加害者が自ら交渉を行うことになりますが、通常は交渉が難航します。保険会社にお願いすれば
保険会社の顧問弁護士が交渉を行ないます。弁護士は法律上の代理人となるため、相手に弁護士との交渉を強制できるからです。弁護士の費用も全て保険会社が支払いますので、心配はありません。

Comments are closed.